2007年06月08日

競馬 投資法

1500万円ほどの金融資産があります。効率よく増やす方法は?効果やリスクについて...
1500万円ほどの金融資産があります。効率よく増やす方法は?効果やリスクについて、確率的な観点で解説があると助かります。・ある程度のリスクは容認します。一時的には500万円ほどの損失は平気です。・運用期間は5年程度。・既存の仕事(手取りで500万円/年 程度)は辞める前提でも良いです。・知能はありますが、頭の回転(計算の速さ)は遅いです。・プログラミングの知識は深くあります。・株、投信、FX などは、極々普通に取引した経験はあります。(続きを読む)



おそらく過去において、これほどまでの投資法が、個人レベルに公表され ...
やはり投資法の販売で、最も大切なことは「本当に勝てるかどうか」に限ります。 為替で勝つためのありとあらゆる手段を、全てここに詰め込みました。 為替の初級者から上級者の方まで・・・・多くの方からの「喜びと感謝の声」が後を絶ちません! ...(続きを読む)



ABO:ファイナンシャルプランナー山田章子のマネー相談室
アスキービジネス オンライン
という人のための積極投資法を紹介しますが、その前に、そうした「リスク」と向き合う前に知っておくべき、マネープランのキホンについて確認しておきましょう。 お金には、いろいろな使途・目的があるものです。なかには「増やす」ことだけを目的にしている人もいるか ...(続きを読む)


株価の連動に似た、モノの価格の連動(前編)
東洋経済オンライン
そこで、完全な裁定取引ではないものの、裁定の考え方を応用した取引、つまり「擬似裁定取引」をおこなうことで、少しでも安定的に利益を得ようとする株式投資法がいくつも考えられています。異なる企業の株についての擬似裁定取引の例を、図2を例に説明しまず。 ...(続きを読む)



posted by みのみの at 06:11| 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。